2017年11月30日

業務用の脱臭装置

家電製品にはよく「よくわからないけど効きそうなフレーズ」というのが宣伝コピーに付加されていて、よく聞くのが「プラズマクラスター」とか「マイナスイオン」とか、いろいろありますよね。

私はアレルギー持ちで空調や空気清浄器などの家電は良くチェックしているのですが、それらのメーカーのキャッチコピー的なものはちょっと眉唾だなと思っていました。

勤め先の会社の空調になにやら脱臭装置が取り付けられると聞いて上司が言うにはそれは「オゾン脱臭装置」だと言うのです。

まーたよくわからないフレーズが出てきたなと思ったのですが、上司曰くオゾン脱臭は消費者の購買欲を煽る家電製品のそれとは全く違うものだというのです。

聞いてみればオゾンという酸素が三つくっついた元素を空気中に放つと、オゾンが水になる為に余計な酸素一つが臭いにくっついて酸化させるという科学的な原理が確立されていて、工業用の脱臭装置としてかなり有名なものだとの事。

工業用製品の実力と言えば、最近マキタの掃除機を購入したのですが、さすが元々業務用の掃除機を作っているメーカーだけあって余計なデザインや装飾は無く、ただただ取り扱いやすさと吸引力、価格とのコスパガスくれているという事を知りました。

このオゾン脱臭の機械も、インテリアや家電的なデザインは皆無で、電力を送れば黙々と嫌なにおいを消し続けるというまさに業務用の機械だなと。

実際、この装置が作動してから給湯室付近のカビ臭いにおいやエントランス付近の排ガスのにおいなどがかなり軽減されていて、アレルギー持ちの私が久々にマスクを社内で外せました。
posted by もえこん at 09:29| ビジネス

2017年11月02日

胃腸風邪の流行

めっきりと気温も低くなり、風邪の季節になぅて参りましたが私はこの時期、大抵の場合胃腸炎と風邪のダブル攻撃で体調を崩してしまいます。

いわゆる胃腸風邪が流行するとすぐに感染してしまうという感じで、家族が平気でも私だけが症状が重くなります。

発熱だけならボーっとしていてもなんとか過ごせるのですが、胃腸にキてしまうと腹痛と下痢で外出もままならなくなってしまうのが痛いですね。

去年の今頃も丁度ハロウィーンの日で友人達と飲み会をするはずだったのですが、朝から下痢による脱水症状でフラフラだったので予定はキャンセルし、深夜になってどんどん体調が悪くなったので急患センターで朝まで点滴されてしまいました。

結局、体調が戻るのに一週間はかかってしまいましたから年末の忙しい時期に皆に迷惑をかけてしまいました。

ネットで胃腸炎について調べて予防策や対策をチェックしていますが、様々な原因があって、胃腸風邪(ノロウィルスやアデノウイルスによる感染性胃腸炎)、細菌による腸炎(サルモネラ菌やカンピロバクター等が原因)などが主なようです。

いずれにせよ、ウィルスや菌に触れないようにすることや殺菌洗浄をしっかりすることなど、一般的な風邪予防と同じことを徹底して、今年こそは寝込まないようにしたいなと思います。
タグ:胃腸炎
posted by もえこん at 06:26| 健康

2017年09月01日

日本伝承の植物の力によるスキンケア

草花木果(そうかもっか)は、キナリの化粧品ブランドです。

コンセプトは、日本伝承の植物の力によるスキンケア。

製品は柚子や緑茶、よもぎなどのエキスや、各種ミネラルのバランスが理想的な温泉水を使って作られています。

肌の悩みごとにラインナップがあり、使用される植物エキスも異なります。

毛穴の悩みには竹エキス配合の透肌スキンケア、敏感肌の方にはヨモギ葉エキス配合のよもぎのスキンケア、大人のニキビに悩む方にはドクダミエキス配合の整肌スキンケアなどがあります。

ドクダミの薬効は一般にも広く知られていますね。

ドクダミ単体でなら化粧水を手作りする方法もありますが、整肌化粧水にはドクダミの他、オウバク、ボタン、イチヤク草、あんずなどのエキスや、ニキビ悪化を防ぐ有効成分も配合されており、より高い効果が望めそうです。

他にも、時短かつエイジングケアを目的としたオールインワンジェルクリーム、赤ちゃん用のスキンケアシリーズ、ハチミツやミツロウを使ったリップバームなど、様々な目的をカバーする商品が揃っています。

また草花木果では、こうした全ての製品に合成香料は使用せず、香りとしては植物から抽出したオイルのみを使用しているとのこと。

保存料も安全性の高いものを最低限の使用にとどめるなど、天然成分の効果と安全性の両立に強いこだわりが見られます。

ナチュラルスキンケアを意識してる人なら一度は試してみた方が良いと思います。
posted by もえこん at 22:35| 美容関係

2017年07月19日

ギターを売った事

私は学生のころから社会人2年目くらいまでバンド活動にかなり力を入れていました。

ただ、バンド活動というのはずっと続けていくのは本当に難しいですね。

社会人として生活していくうちに、どんどん、その機会を失っていきます。

飲みに行くのも我慢して12万ほど貯め、やっと購入したヤマハのフェンダーも徐々に弾く機会が少なくなっていきました。

購入当時はとても嬉しくて寝る暇も惜しんで練習したりしていました。

勿論プロを目指して頑張っていた頃です、このフェンダーは確かチャーが引いていてとてもかっこよかたので買いました。

実はその前は兄のモズライトを弾いていて、状況と同時にそのまま実家から持ってきていました。

兄はベンチャーズから、後に寺内タケシにぞっこんでしたから数本のギターを所有していて、その一本をまんまと持ってきていたのですw

私は、その時にはフェンダーが欲しくて学生の頃が学費メインでバイトをしていたので、小遣いとして使えるお金が月々1万程でした。

月の終わりでお金が無くなるとひたすら我慢をしていました。

まあ、どちらも2年ほど前にネットで見つけたギター買取業者さんに売ってしまったのですが、今はとても後悔しています。

現在とてもギターが欲しくてたまりません。
posted by もえこん at 23:16| 日記

2017年06月21日

魚の目

初めに魚の目に気が付いたのは昨年の夏でした。

旅行の時にスリッポンを素足に履いて歩いていると左足の親指付近が痛い事に気がつきました。

あとで靴を脱いでその部分を見るとその部分だけ皮が厚く丸く膨らんでいました。

その後、特に対処せずにいたのですが、それから半年もすると完全に魚の目の形になり、大きさも初めよりずっと大きくなっていました。

左足を地に着けると魚の目の芯の部分が食い込んで痛いので、これは何とかしたいなと思っていました。

知人にその話をすると、新宿で皮膚科の入っているクリニックが駅の東口にあり、そこで芯を取ってもらったことがあるのだそうです。

自分で除去する人もいるそうなのですが、カミソリで怪我をしたり、市販の皮膚をふやかす薬を塗りすぎてひりひりする状態になったりとリスクがあるようなので病院に行くことにしました。

早速駅前のクリニックを教えてもらい、皮膚科の先生に診てもらい処置をしてもらうととても歩くのが楽になりました。

半年以上その部分に圧がかからないように気にして歩いていた事もあり、それが無くなるとこんなに楽なんだと驚いたくらいです。

たぶん私も知り合いが魚の目に悩んでいたら、皮膚科にいくことを勧めると思います。
posted by もえこん at 00:00| 健康