2014年10月29日

床の保護

今のマンションに引越しをしたのが今から5年前ですが、完成したばかりの部屋に入るのは、とても緊張しました。

なんといっても真新しい壁に床。汚したり傷つけたくないなぁなんて思いながら部屋内の不具合などのチェックをしたものですが、その時まだ3歳だった子供も連れて行ったのでゴロゴロしたり、おもちゃを落としてみたりと結構ひやひやしたのを覚えています。

さらには、おもちゃとっても大きなものから小さなものまであるから、階下の人にうるさいと思われないかとか不安がつきまっていました。

なので、床に何か敷こうかと思っていたけどなかなかいいものが見つからず、当時直近で引越しをした友達に相談をしたら、タイルカーペットなるものがあるよと教えてもらいました。

これは、タイルタイプのカーペットで、一枚が40センチ四方というサイズでこれを敷きたい場所にあわせて
何枚必要かを決めて揃え、指示に従って床に設置していきます。

ネットで種類の多いタイルカーペットショップがあるので、そこで購入すると大荷物にならなくて済みますからおすすめです。

滑り止めのようなものがついているので、乗ったときにずれることもないし簡単に剥がしたり出来るから便利。

普通、カーペットというともこもこしてて冬に敷くイメージで抵抗があったし、部屋のサイズに合わて買わなきゃならないし、さらに敷くときは家具などを一旦どかさなきゃならないなと思っていたので使ってみてとてもよかったです。

床暖房をつけなくてもひんやりしないし、子供がおもちゃを投げたり落としても階下への心配がない。

さらには床を傷つけないので、いつまでもきれいに保てます。

おかげで築5年たつ今でも床はほぼきれいな状態でこのままを維持していきたいと思います。
posted by もえこん at 00:00| 日記