2016年05月26日

肉離れ

昨年からフィットネスの一環として始めたインラインスケートですが、ゴールデンウィークに肉離れをやってしまいました。

久々にパークに行けるとあってかなり気合を入れていたのですが、その気合がアダとなったようです。

ランプに入る前に今までのトリックを一通りやろうとフラットで続けざまにターンを繰り返していたのですが、身体が鈍っていてバランスを崩し、体勢を立て直そうと身体を捻った時に太ももの裏でブチッとニブイ音がしました。

その後は立ち上がれず、連れに車で急患センターへ。

もう大体わかっていましたが肉離れの診断でした。

まあ、同じスケーターでアキレスけんを切ってしまって人はこんなものではなかったので、不幸中の幸いと言いましょうか...

しかし、ボコッと太ももの裏がへっ混んでいるのに痛み止めとサポーターのみを渡されて、これで治るのだろうかと不安いっぱいです。

痛みどめとサポーターで何とか連休を過ごし、地元の共和堂水戸接骨院へ。

診断書もあるのでしばらくはリハビリの日々ですが、歩行はできるとしてもインラインスケートは少なくとも数か月は無理でしょう。

また、今回の件で間を開けて急激な運動をするのがどのくらい身体に負担がかかるのかを痛感しました。

日ごろからスケートをしないにしてもストレッチや筋トレなどで、なまらないようにしておかないといけないのだなと思いました。
posted by もえこん at 22:28| 健康

2016年05月13日

リラックスマッサージ

私の仕事は医療関係で、心身ともに週末になると疲れ切っていることが多いです。

とくに疲労が蓄積されると、怒りやすくなったり涙もろくなったり、とにかく感情の波が激しくなるので、そういったことが起きてくると、「あ、やばいな。そろそろマッサージ行かなきゃな」と思います。

名古屋の職場の近く、栄にあるマッサージ店に通い始めてから5年以上経つのですが、いつも担当としてくれるIさんはとてもマッサージが上手なうえに、話も合うのでついつい仕事やプライベートの悩みについても愚痴を言ってしまう相手です。

もしかしたら、いちばん気を許しているかも?と思うくらいなんでも話してしまいます。Iさんは物静かなひとなのですが、よく話を聞いてくれて、そのうえ的確なアドバイスをくれたりもするので、すっかりお姉さんのような気持ちで甘えてしまっています。

そして、Iさんに施術してもらったあとは、体のこりもほぐれているのと同時に、気持ちも優しくほぐれているのを感じるので、心身ともにストレスが高まったときに駆け込み寺のように利用させてもらっています。

以前、Iさんの定休日に違うひとに施術してもらったときは、とても上手なひとだったのですが、Iさんのときほどのリラックスできなかったので、必ずIさんを指名するようにしています。

私にとって、マッサージとはIさんにお世話になることを意味しています。これからもずっとお世話になっていきたいです。
posted by もえこん at 23:28| 健康

2016年04月30日

ベジタブル

一昨年から食生活に大分変化が出て、と言いますか年齢的にもすぐに胃もたれしたり、お酒が残ったりと身体の変化を感じてきたので野菜中心の食事をするように心がけています。

とはいってもタンパク質を取ることもこれからの年齢では重要だというアンチエイジング関連の記事も読みましたし、肉料理も食べるけど他は菜食を意識して良いものを摂取していこうと考えました。

特に人参料理はここ1年でたくさんのレシピを覚えましたが、初めはベジタリアン向けのレシピ解説を読んでいてちょっと私には合わないかなと思い、常備菜のレシピ情報サイトにある様々なおかずが口に合う事を発見しました。

また、常備菜の場合、ビーガンやベジタリアンのような戒律的な理由で使用できない調味料など制限もないですし、材料もありません。

基本は日持ちがする作り置き料理で、その中で野菜を使ったヘルシー志向のメニューが豊富と言うだけですから、「ああ、食事を制限しているな」と言う物足りなさや食欲との葛藤はほとんどありません。

作り置きレパートリーが増えて惣菜パックやレトルトが減った事でもかなり健康的になったなと思っています。

先日はロフトに行っておかずを入れる入れ物と新しい弁当箱を購入しましたが、最近の弁当箱はクール機能や逆にほっと機能がついていたり、汁物対策が万全で麺類まで持ち運び可能なものが出ていてどれもこれも欲しくなってしまいましたわーい(嬉しい顔)
タグ:常備菜
posted by もえこん at 21:45| 健康

2016年04月18日

思い出の社交ダンス

私の社交ダンスの初体験は、他校の大学の卒業ダンスパーティーでした。

当時の友達の彼氏の通っていた大学は、卒業パーティーにパートナーと踊るという日本には珍しい行事のあるところでした。そこでその彼氏の友人で、パートナーがいない方の相手として頼まれたのです。

貸衣装屋さんで社交ダンス衣装を借りてもらい、1日だけ練習日がありました。

その時に、ワルツやジルバ、チャチャチャなどを教わりました。

元々運動神経もあまりなく、リズム感も自信がありませんでしたが、丁寧に指導してもらったので、何とかそれらしく踊れるようになりました。

当日は立食+ダンスパーティーで、とても華やかなものでした。ところがお相手の方はシャイなタイプらしく、お酒ばかり飲んでなかなか踊ろうとはしませんでした。

せっかく練習したのになあ〜と思いましたが、とりあえずご馳走などを食べて楽しんでいました。

もう後半の方になってやっと決心?がついたらしく、酔って真っ赤な顔でダンスを申し込まれました。やはり付け焼刃なので、足を踏んでしまったりのドジはありましたが、少女漫画の世界みたいだと思って、とても楽しかったです。

その時に、社交ダンスっていいなあ〜と深く思いました。それっきり社交ダンスの機会はないのですが、その後もTVや映画などで社交ダンスをテーマにしたものがあると、ついつい観てしまいます。今でも、機会があったら本格的に習ってみたいような気もします。
posted by もえこん at 21:59| 日記

2016年04月05日

配偶者の調査

知人から相談を受けたのですが、配偶者が浮気をしている可能性を感じているとのことで、どうしたら良いのか悩んでおりました。

学生時代の同級生で今は結婚して岐阜に住んでいます。

そこで知人に紹介した方法が探偵への相談であり、具体的な解決法を提示してもらえるのではないかと思ったのであります。

結果的には非常に有効策となりましたので、その状況を紹介したいと思います。

まず探偵 岐阜で調べた事務所へ相談へ出向きますと、最適と思われる浮気調査の方法と金額を見積もりのうえ提示されることになります。

そして調査方法と金額の見積もりに納得がいけば正式に契約することになるのですが、興信所側は様々な事例を解決してきていますので豊富なノウハウを有している点に感心させられることとなります。

そして最新の機材を利用した完璧な尾行方法により、決定的な証拠を押さえることに成功したのであります。もちろんその後の対処法に関しても様々なアドバイスを得ることができましたので、知人は大変助かったと喜んでいるのであります。

つまり決定的な証拠を入手した後に相手とどのように向き合うのかが大変重要であり、興信所のベテランスタッフによりまして、過去の豊富な経験に基づいた非常に有効なアドバイスをしてもらうことが可能となっているのです。
posted by もえこん at 23:05| 社会